冬至(とうじ) 12月22日

 12月22日は季節を表すことば24節気で冬至(とうじ)です。  一年で最も昼が短い日で、太陽の高度も最も低くなります。風邪をひかないための“柚子湯“、運盛りとして食べられる“南瓜(なんきん)“小豆を使った“冬至粥“などの風習があります。  冬至を境に毎日、日の出が少しずつ早く、日暮れが少しずつ遅くなっていきますね。まだまだ 1月2月と寒い日々は続きますが、日差しが変わっていくと春そして初夏が近づいて来るのが私はとても楽しみです。

 クリスマス、仕事納め、年末大掃除、大晦日とお正月に向けて忙しくなりますが、みなさま風邪に気をつけて良いお年をお迎えください。