季節の病気

貨幣状湿疹

年齢性別に関係なく、腕や下肢、体に斑点状の赤茶色い湿疹おこる皮膚炎で、ちょうどコイン大の大きさの湿疹病変という事で、正式には貨幣状湿疹と呼ばれます。 秋から春先にかけての寒い時期に多くみられます。

原因は?

貨幣状湿疹は皮膚の乾燥が原因となって起こる湿疹のひとつで朝夕冷えてくる秋頃から皮膚のカサつきが出始め痒みを伴う紅い斑点状の湿疹が出現し、次第に拡がりコイン大の円形または楕円形の斑状になります。コイン大の湿疹という事で貨幣状湿疹という病名になりました。

​こんな方は要注意!

・乾燥肌の傾向にある方

・仕事、スポーツなどで寒い場所で長時間活動される

この病気が出やすい場所は? 

乾燥しやすい四肢、特に肘・膝より先に多く、衣服に擦れ易い肩や背中腰部にも多くみられます。

このようにして治療していきます

炎症を抑える作用のステロイド外用剤、痒みや炎症に対して抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服、また症状が強い場合はステロイド剤の短期間内服も併用したりします。 紅みや痒みが改善された部分から外用を保湿剤に変更していきます。再び湿疹病変が再発しないように肌の乾燥し易い寒い時期は『スキンケアを継続するように』というような指導しています。