皮膚科講演会  10月20日

先日、大阪大学皮膚科の藤本教授の皮膚科講演会に講師として呼んでいただき講演して参りました。

テーマは『クリニックにおける乾癬治療(〜アドヒアランス向上の工夫〜)』でした。

乾癬は皮膚疾患の中で患者さんが多い疾患の一つです。慢性に経過するが為に治療に疲れてしまったり諦めてしまう事により症状が悪化することも時々見られます。ここ数年、創薬技術(新しいお薬を作る技術)の進歩により外用が簡単で効果の高い外用剤が数種類登場してきました。それらの外用剤を患者さん1人ひとりのライフスタイルに合わせて処方することが、アドヒアランス(患者さん自身が積極的に治療に関わって行くこと)の向上につながる工夫になるという私自身の日常診療のお話しをしました。

iPhoneから送信